桜十字病院 RECRUITSITE

EDUCATION

リハビリテーション部では、専門性とリハビリの質の向上のため、
新人・ベテランとも自主性を大切に学べる環境を整えています。

REHABILITATION

リハビリテーション部 教育制度

新人教育

当院では、独自の新人スタッフ教育体制を整えています。
# #

プリセプターシップ

  • プリセプターはキーパーソン、その側面をスタッフ・主任・補佐がフォローし、その部署の全員で新人セラピストを育てます。
    また、リハビリテーション部や病院全体でもバックアップを行います。

  • # #
リアリティショックとは?

辞書的には、現実が理想とかけ離れていることを意味します。学生のときに実践していたことが現場で通用しないことや、実際職場に出て何もわからないことな どにショックを受けることが多いのです。

  • #
  • プリセプターが相談役に付き、
    日常業務から疾患の学習、精神的フォローを行います。

    プリセプターは、プリセプティーが自立したセラピストに成長するよう、優しく、時には厳しく指導を行います。悩んでいることや困ったことがないか常に気を配り、プリセプティーの気持ちに寄り添う相談役としてフォローします。さらにアドバイザーが第三者的な視点からプリセプティー・プリセプターをフォローします。

私のノート

プリセプティーの業務日誌。その日起こった出来事や疑問点、不安に思ったこと、解決できたと思うことなど、プリセプティーが持つ課題を共有する目的で設けています。疑問や不安をため込まないようフォローします。

新人教育プログラム

入社から2ヶ月間、リハビリに必要な基礎知識や技術の早期習得を目指し、先輩セラピストによる講習会を実施。現場に即した技術や知識を学ぶとともに、スタッフ間のコミュニケーションをはかる場にもなっています。

2018年度プログラム実績
オリエンテーションROM-ex評価(下肢)義肢・装具・車椅子関係
リスク管理(血圧測定含む)Stretch呼吸園芸療法
トランスファープリセプター指導確認物理療法住宅改修と福祉用具
ADL評価(FIM・BI)Ms-up-ex摂食・嚥下義肢・装具・車椅子関係
認知機能評価評価(上肢)言語
  • #
  • 新人発表会

    入職から半年間のまとめとして、新人による症例発表会を実施。症例やテーマの決定、評価やアプローチ、レジュメ・発表資料の作成まで、プリセプターが相談役としてサポートします。発表には他部門・他職種スタッフも参加でき、将来の学会発表等も見据えた練習にもなります。先輩セラピストや医師のアドバイスも受けられる貴重なチャンスです。

プリセプティーミーティング

プリセプティーと新人教育班が参加し、プリセプティー個人の不安や、プリセプターにも言いづらいと感じている悩みや新人同士だから言えることなどを話し合います。ミーティングの内容は、不安の解消や今後の指導に役立てます。

リハビリテーション部 教育委員会組織図

# #

リハビリスタッフの知識・技術向上

リハビリテーション部では、部主催の勉強会・研究会を実施しております。
必修の講習会だけでなく、希望者は誰でもできる勉強会・研究会を多数開催しており、知識と技術の向上に積極的に活用できます。

  • 病棟機能別チーム勉強会

    知識・技術の向上のため、スタッフ自らが講師となって開催する勉強会や、症例検討会を病棟機能ごとに実施しています。

  • リハビリテーション部勉強会

    BLS研修(一次救命措置)・院内感染研修・医療安全研修は、病院での全体研修に加え、リハビリテーション部でも年4回の研修を実施しています。

  • #
  • #
  • 外部講師による勉強会

    月に一度外部講師を招いて実技指導・症例検討会・勉強会を開催しています。

  • 学会・研修会・勉強会の伝達講習会

    学会・研修会・勉強会の参加者による伝達講習会を行うなど、スタッフ全員の知識と技術の向上のため積極的に取り組んでいます。学会費用など病院からの一部補助もあります。